フレッツ光プレミアムから、@Sひかりへ転用されるお客様の場合、お客様に光プレミアム用機器の取り外しを行って頂いた後に、新たな装置の接続を行って頂きます。

新たな装置の接続方法は、ホームゲートウェイに同封されている「設定ガイド」を参照してください。

設定手順

  1. パソコンをホームゲートウェイに接続

    電話ルータの直下にPCを有線LANケーブルを接続、配線して、PCのIPアドレスの取得方法を「自動取得」に設定することで192.168.1.1/24のネットワークセグメントに参加が可能です。

  2. パソコンのブラウザからHGWの管理画面へアクセス

    ひかり電話ルータのWEB設定画面を表示して行います。ブラウザを開きルータのWEB設定画面を開きます。
    アドレス欄に「192.168.1.1」また「ntt.setup」と入力してください。

  3. ホームゲートウェイの機器設定用パスワードの初期設定

    ホームゲートウェイに初めてアクセスすると、パスワードを設定するように求められますので、適当なパスワードを設定してください。

  4. ホームゲートウェイの管理画面にアクセス(パスワードは③設定のものです)

    ユーザ名⇒「user」
    パスワード⇒お客様が最初に設定したものを入力してください。

  5. 接続先設定

    左メニューから「基本設定」>「接続先設定(IPv4 PPPoE)」を選択します。
    「セッション名」の列にある「メインセッション」をクリックします。

  6. ホームゲートウェイのISP初期設定

    「接続先名」には契約をしているインターネットサービスプロバイダーの名前などを任意に入力します。
    「接続先名」はインターネットサービスプロバイダーIDを入力します。
    「接続パスワード」はインターネットサービスプロバイダーの情報のパスワードを入力します。

  7. メインセッションの有効化

    メインセッションの「接続可」ボックスにチェックをつけます。

    入力した内容が正しければ、ホームゲートウェイのPPPランプが「緑点灯」してインターネット接続が可能になります。