二大ご当地餃子から、地元食材とのコラボ餃子まで!安ウマ&テッパン!静岡ご当地餃子

表面がカリッ、皮の中からは肉汁がジュワ~。王道の焼き餃子から、地元食材とのコラボ餃子まで県内にはさまざまな餃子がある。安くてハズレなしのテッパンメニュー餃子は静岡ケンミンの大好物。そこで浜松餃子などメジャーどころから、知る人ゾ知る名物餃子まで、県内の餃子を一挙にご案内。

静岡ケンミンは餃子大好き!?

総務省が実施する家計調査によると餃子の年間購入額が全国トップクラスの浜松市。静岡市も浜松市に追いつかんばかりに毎年上位に食い込んでいる。「すその水ギョーザ」で町おこしを図る裾野市も、市民1万人当たりの餃子取扱い飲食店数、日本一を誇っている。これら統計的な数字から見ても、餃子好きな県民性は明らか。静岡ケンミンは餃子好きが多いといっても過言ではないようだ。

二大ご当地餃子

静岡のご当地餃子と言えば、全国にその名をとどろかす「浜松餃子」と、2013年秋に「全国餃子サミット&全国餃子まつり」の開催が決まった裾野市の「すその水ギョーザ」。県内の二大ご当地グルメをまずはチェック!
キャベツなど野菜をたっぷり使ったあっさりとした味わいが特徴の浜松餃子

パリッ、ジュワ。もやしトッピングの王道、焼き餃子「浜松餃子」

これぞ焼餃子!という王道スタイルの「浜松餃子」。その特徴はなんと言っても、餃子に添えられた"茹でもやし"。箸休めとして添えらており、浜松餃子には欠かせない存在だ。次にタレ、ラー油にこだわっている店が多く、たいていどの店にも自家製のタレやラー油がおいてある。そして3番目の特徴は、店によって作り方が違うこと。専門店が多く、どの店も改良に改良を重ねた結果、その店独特の個性ある味わいになった。

「浜松餃子」特集はコチラ


モロヘイヤを練り込んだモチモチ食感の皮が特徴のすその水ギョーザ

ぷるぷるツルリン。モロヘイヤ入りでヘルシー「すその水ギョーザ」

モロヘイヤ入のモッチリとした皮、お茶入りの具材...。ヘルシーさがウリという、これまでにないオリジナリティあふれるご当地グルメ「すその水ギョーザ」。裾野の特産品であるモロヘイヤを練りこんだモチモチっとした食感の皮を使用しているのが一番の特徴。餃子の具材には、キャベツと豚肉とニラ、そして裾野産のお茶が入っている。店ごとに、和風、中華風などにアレンジして出している。

「すその水ギョーザ」特集はコチラ


まだまだあるゾ!個性派名物餃子

プリプリエビが丸ごと入った「えび餃子」

一匹丸ごと餡で包み尻尾だけが皮から飛び出した「えび餃子」。見た目のかわいさから女性に人気。

手づくりぎょうざの店 味彩[浜松市中区幸]


県内産厳選素材&桜海老「静岡餃子」

富士宮産銘柄豚や由比産桜海老など静岡の厳選素材を使ったこだわり餃子。

金泉軒 美川本店・移動販売 華厨房 包味[静岡市葵区美川町]


用宗しらすを使った「しらす餃子」

用宗港の釜揚げしらすに鶏肉やニラなどを合わせた、あっさり味の餃子。

株式会社 岡崎[静岡市駿河区用宗]


焼津ならでは!「黒はんぺん餃子」

餃子の具に焼津特産の黒はんぺんを加えた、焼津ならではの味わい。

焼津餃子工房(有限会社 三輪フーズ)[焼津市大島]


具がたっぷりの「丸型餃子」

沼津で半世紀以上続く餃子専門店。具がたっぷり詰った丸型の餃子は世代を超えてファンが多い。

中央亭[沼津市大手町]


モチモチ感&つるっとした口当たり「水ぎょうざ」

たっぷりかかった手作りのゴマダレの奥深いコクと香ばしさが食欲をかきたてる。

与志富(よしとみ)[伊豆の国市古奈]


SBSテレビ「静岡発そこ知り」で餃子特集放送!

2012年5月9日(水)よる7時放送
「ギョーザ王国・静岡!評判のあの店・この味」

2011年の家計調査によると、年間の餃子購入額で浜松市が全国1位という快挙を成し遂げました。
浜松市といえば、B級グルメ「浜松餃子」による街おこしが有名ですが、なぜ浜松市が日本一となったのか、その秘密に迫ります。
また、浜松市だけでなく、静岡市も例年上位ランクに上がり、いうならば、静岡県は餃子王国と言っても過言ではありません。
東中西部の餃子を紹介することで、静岡の餃子文化を紐解きます!
たかが餃子、されど餃子...、老若男女関係なく、みんな大好きな餃子を大特集します!

番組で紹介されたお店

キャベツたっぷり、もやしトッピングの王道「浜松餃子」

餃子の具はキャベツと少量のにんにく、挽肉のみ。昭和37年から店を構える「浜松餃子」の老舗。

むつぎく[浜松市中区砂山町]


「浜松餃子」G-1餃王座決定戦2011でG-1を制したスッポン餃子

浜松餃子学会 会長おすすめの店。2012年2月持ち帰り専門店から店内でも食べられるようリニューアル。

雲雲雲龍龍龍(たいと) ※店名が「しげ」になりました[浜松市西区和光町]


モロヘイヤ入りのヘルシー餃子「すその水ギョーザ」

野菜料理が楽しめる民家を改装したカフェ。夏に向けた「餃子サラダ」を試作中。

cafe 楽風[裾野市佐野]


両面を焼いてからゆでる「沼津餃子」

大ぶりの餃子はたっぷりのお湯でゆでられていて、とってもジューシー。

餃子の店 北口亭[沼津市杉崎町]


富士宮やきそば学会おすすめの焼きそば入りの「富士宮餃子」

定番のほかに「まぐろ餃子」や「ツナマヨ餃子」「黒はんぺん餃子」など変わり餃子が満載。

焼津餃子工房(有限会社 三輪フーズ)[焼津市大島]


地元名物のシラスや葉ショウガを使った「ジンジャー餃子」&「スープ餃子」

静岡県内唯一の餃子Bar。餃子レパートリーはなんと70種類。

餃子BAR 椿家(ツバキハウス)[静岡市清水区真砂町]


新東名開通に合わせてご当地餃子を発売「桜エビ餃子」&「ワサビ餃子」

生麺や用宗のシラスを使った「しらす餃子」、野菜餃子、肉餃子などを製造販売。

岡崎[静岡市駿河区用宗]