20.7 タブロイド
22/24

高校時代は?辛かったこと、うれしかったことは?影響を受けた恩師の言葉とは?社業と競技の両立は大変なのでは?静岡県で働く魅力は?両親の影響で5歳から始めたラグビーを続けるために、「もっと自分が挑戦できるレベルの高いところでやりたい」と、名門・東福岡高校に進学しました。入学時は、全国大会3年連続3冠(選抜・国体・花園)達成という黄金期の2年目で、部員も100人以上。レギュラーとそれ以下のチームに分かれていて、一緒に練習もできなかったので、最初はどうにかして上に上がろうと必死でした。自主性を重んじるクラブでは、部活は一日1〜2時間で終わるため、残って自主練習する時間の方が多く、本当にラグビー漬けでしたね。1年の頃は、「豊橋から行かせてもらったからには、ちゃんとレギュラーを取らなければ」と意識し過ぎるあまり、ラグビーを楽しめなくなっていて辛かったです。それが、2年の春にオーストラリアへ3カ月留学した時、現地の高校生がすごく楽しんでラグビーをしている姿を見て、改めて「楽しむ」ことの大切さを思い出しました。それから自然にプレーも良くなり、結果にもつながって、2年最後の全国大会で初めて試合メンバーに選出。実際にグラウンドに出た時はめちゃめちゃ緊張しましたが、本当にうれしかったです。3年時にコーチから監督にQ Q  Q Q Q なった藤田雄一郎先生に常日頃言われていた「やらずに後悔するなら、やって後悔しろ」という言葉です。就職活動をする際、小さい頃はラガーマンを夢見ていましたが、現実には自分は身体も小さく厳しいだろうから、ラグビーは大学で引退しようかとも考えていました。そんな時にヤマハ発動機から声をかけてもらい、「もしここでラグビーをやめたら悔いが残る。そこで結果が出せなくても、続けて後悔するなら仕方がない」と思って入社を決断。今があります。 会社では、事業部で若手社員の研修など主に管理業務を担当しています。基本的には、毎朝トレーニングをしてから出社し、9時から仕事。シーズン中は午前のみ、他の時期はフルタイムや15時頃まで働き、その後グラウンドで練習します。特にシーズン中は両立が大変ですが、職場の皆さんは本当に協力的ですし、仕事で相手のことを考えた行動を意識するのは、競技にも活きていると思います。幼少期にヤマハ発動機のラグビースクールに通っており、今も当時お世話になった方々が身近で応援してくれるのが、モチベーションの一つになっています。また、熱心なファンが多いのもありがたいです。個人的には、海が近く、好きな釣りにすぐ行けるのも魅力ですね■笑■。廣川選手から高校生へのメッセージスポーツでも何でも、自分が熱中できる何かを一つ見つけて、それに全力で取り組んでみてください!PROFILE所属 ポジション FL(フランカー)生年月日 1995年1月21日身長 体重 出身地 愛知県豊橋市高校 大学 試合前に必ずすること 音楽を聴く今、一番興味があること 船舶免許座右の銘 努力に勝る天才なしヤマハ発動機ジュビロ166cm90kg東福岡高校(福岡県)慶応大学自分を信じる強さを知るトップアスリートの言葉Syoya Hirokawaヤマハ発動機ジュビロ(ラグビー)interview「やらずに後悔するより、やって後悔する」の精神で何事にもトライ廣川翔也選手

元のページ  ../index.html#22

このブックを見る