20.7 タブロイド
10/24

いなば食品株式会社は「いなばライトツナ」を筆頭に各種缶詰やレトルト食品の製造・販売を行う地元生え抜きの企業。圧倒的な知名度を持つキャットフード「チャオ」も同社ブランドの1つだ。創業以来「真似しない・真似されない」をモットーに、独創的な商品やブランドを生み出す姿勢は、同社のストロングポイント。その一方で「健康・自然・本物・安全・環境」という基本理念によって、常に消費者と寄り添うスタンスを守り続けている。つまり、約300アイテムにもおよぶ高品質な商品群を支えているのは、企業理念に掲げる「独創と挑戦」の精神であり、その実践力だ。    そうした気鋭の社風を持ちながら、社内の雰囲気は明るく、アットホームだ。高校卒業後に入社し、今年で3年目を迎える関川陽介さんは語る。「現在は、ペッドフードのササミをボイルする部門に配属され、原料や資材の発注、工場の製造作業などに従事しています。社内に頼れる上司や先輩がいて、『自分もそうなりたい』と思えることが大きなモチベーションになっています。更に、自分の意見を臆せずに言える環境があることもこの会社の魅力です。若い社員の提案であっても、それが斬新な発想であれば、会社は真■に耳を傾けてくれます。まさに独創と挑戦の精神ですが、その背景には家族的な温かみがあると私は思っています」。関川さんが就職の道を選んだのは「経済的に自立して、早く親孝行をしたい」という願いから。「でも、当初は不安ばかり。それを優しく受け止め、背中を押してくれたのは先輩方です。とはできませんでした。仕事にやりがいを持って、常に上を目指す社会人になれるとは思っていなかったので。そんな自分に育ててくれた会社には本当に感謝しています」。独創と挑戦の精神でモノづくりとヒトづくりを続けるいなば食品は、これからも革新的な商品で人々のニーズに応え、世界の未来を明るく照らすだろう。独創と挑戦で世界の次代を拓くヒトづくりから始めるモノづくりスゴイ常に上を目指す社会人に。そう思えるようになったのは会社のおかげです。本社/静岡市清水区由比北田114-1 1054-375-3111https://www.inaba-foods.jpそのスゴさのヒミツはサイトでチェック!10年前に今の自分を想像するこ生産部関川 陽介さん(清水国際高校出身)就職活動に不安はつきもの。悔いのないようにしっかり考え、先生、先輩、家族ともよく相談してください。私も入社の直前直後は不安ばかりでしたが、スポーツで培った体力と諦めない気持ちで向き合ううちに、自信も湧いてきました。今は仕事が大好きです!1. 社内はアットホームな雰囲気2. 「真似しない・真似されない」がモットー3. 健康・自然・本物・安全・環境という基本理念のもと、  日本とアジアに自社の生産拠点があるこんな会社です静岡の高校生のみなさんへここがスゴイ!!「いなばライトツナ」は世界におけるマグロ缶詰の先駆け5151企業1414いなば食品 株式会社

元のページ  ../index.html#10

このブックを見る