20.3タブロイド
4/12

jobmy 自分を磨き更なる成長をやりがいと責「独創と挑戦」の第一歩感を糧に、世界の猫を喜ばす学びと経験が培った自信任。高校時代は陸上部に所属し、友や仲間と支え合い、充実した日々を過ごしました。入社後は、研修でさまざまな部署を体験し、現在の部門に配属されました。猫好きを自負する自分としてはとてもうれしかったです。同時に、当社の企業理念〝独創と挑戦〟を念頭に置き、全国ブランドの商品を作って行くということに、責任感も覚えました。工場は3交代で休みは4勤1休制。業務はラインごとに4〜5名で一つの班を作り、リーダーを中心に進めます。出勤すると、まずは当日のラインの流れを確認し、カレンダーを見て時間と日付にズレがないかチェックします。不良品が出た時にはラインを止め、原因を究明して対応します。仕事で扱う商品は数百種類以上に達し、全ての仕様を把握するのは大変ですが、その分やりがいも感じます。多少なりとも経験を積んだ現在では、不具合が出そうな予兆を察知して事前に部品を交換する、といった対策も取れるようになりました。できなかったことを克服してできるようになり、周囲から褒められたときには大きな喜びを感じます。まだまだ先輩から学ぶことが多いですが、もっと勉強して経験を積み、いずれは後輩を指導できる人間に成長し、会社にとって必要不可欠な存在になりたいです。「世界の猫を喜ばす。」という当社のキャッチフレーズに恥じないよう、やりがいと責任感を糧に、これからも仕事に励みたいと思います。糧にする事地元清水の高校を卒業後、当社に入社し現在に至る。食品・生産あなたにとって仕事とは?*今の仕事を目指したきっかけは?猫が大好きで、キャットフード業界では当社が一番だと思っていました。当社の商品は子どもの頃から馴染みがありましたが、就活の際、その工場が地元にあることを知り興味を覚えました。当社に勤めていたいとこからも話を聞き、猫を大切にする姿勢や、社内がアットホームな雰囲気であることを知り、自分もこの会社で人々に喜ばれるものを作りたいと思い入社を決意しました。当社は「いなばライトツナ」をはじめとする各種缶詰やレトルト食品、ペットフードの製造および販売を行っています。私は現在、キャットフード「ちゅ〜る」などを製造する工場のオペレーターとして働いています。商品の充填(じゅうてん)量や耐圧が規定通りになっているか、パッケージにしわがないかなど、不良品を出さないようチェック項目は多岐にわたります。機械の状態は毎日異なり、昨日は上手くいったのに、今日は調子が悪いということがよくあります。原因を探して対応するためには知識と経験が欠かせません。入社当初は理由もわからず部品の交換をしていましたが、機械の仕組みが分かるようになると、作業の意味も理解でき業務がとても楽しくなりました。自分が手掛けた製品が地元のスーパーの店頭に並んでいるのを見ると、やりがいを感じます。深澤 慶起 さん〜清水桜が丘高校出身〜いなば食品 株式会社□本社/〒421-3104 静岡市清水区由比北田114-1 □電話/054-375-3111 □ホームページ/http://www.inaba-foods.jp人生の

元のページ  ../index.html#4

このブックを見る