協賛社賞
小野田産業賞

小野田産業

発泡スチロール製シェルターは現代のノアの箱舟

制作のポイントPOINT

弊社は津波や洪水から一人でも多くの命を救う為発泡スチロール製シェルターを作りました。表面は米国国防総省も採用しているポリウレアという強靭な樹脂を吹付し、軽さと強さを兼ね添えた画期的な津波シェルターです。普段は子供部屋等生活スタイルに合せた使い方ができ、サイズは8人用、15人用、自治体向きの250人用などがあり一人当りの価格も安価で消防車等大型車にも対応しており、豊富なラインナップを取り揃えています。

「昔話」篇

作者:三宅 佑奈[岐阜県]

NA
むかしむかし、おばあさんが川で洗濯をしていると、
向こうから大きなシェルターが流れてきました。
扉を開けると、そこにはたくさんの笑顔が溢れていました。おしまい
津波や洪水から命を守るシェルターを。株式会社小野田産業。

音声を聴く

発泡スチロール製津波シェルター
普段使いが主目的のシェルター

作品のアピールポイント

波にさらわれても大丈夫だったということ、シェルターがあればみんな笑顔でいられるということをアピールしました。

受賞理由

シェルターの表現として「川で洗濯をしているとシェルターが流れてきました」という「桃太郎」のようなお話ですが、でもシェルターの中に結構たくさんの人が入れるということを表現の中に出していて、昔話の別解釈みたいな感じでした。もしかしたら桃太郎も桃シェルターだったのかな、という気もするくらいユニークな原稿だったと思います。

企業情報

株式会社小野田産業

〒424-0948 静岡市清水区梅田町13-8

TEL 054-352-0167

お問い合わせ/SBSラジオCMコンテスト事務局
TEL 054-284-8955

pagetop