静岡新聞の本新刊情報

新刊以外の本は下の「ジャンルから探す」の項目か、
検索ボックスでお探しください。
購入のご案内
  • 静新新書46 愛盲-小杉あさと静岡県の盲教育
    足立洋一郎 著 著/静岡新聞社
    定価968円(税込価格)[2014年07月 発行]
    政界の重鎮たちに信頼を得るほどの鍼灸(しんきゅう)師であり、同時に静岡県の盲教育と視覚障害者の福祉に一生を捧げた小杉あさ。日本のヘレン・ケラーと呼ばれたあさは、…
    続きを見る »
    冊数:
    購入する

  • 静新新書45 物語 駿遠の諸藩
    杉山 元衛 著 著/静岡新聞社
    定価1320円(税込価格)[2013年01月 発行]
    天下泰平の徳川260年。幕藩体制下で、駿河・遠江の両国にいくつの藩が置かれ、どのように移り変わっていったのか。繰り返される改易(領知没収)と転封(大名の配置換え…
    続きを見る »
    冊数:
    購入する

  • 静新新書44 静岡県と「満州開拓団」
    桜井 規順 著 著/静岡新聞社
    定価1320 円(税込価格)[2012年09月 発行]
    戦時中、「満州開拓団」(中国・旧奉天省)に入植した家族とともに現地で暮らし両親と兄を亡くした著者が、子ども時代からの疑問の答え探しをライフワークにした。その果実…
    続きを見る »
    冊数:
    購入する

  • 共助社会の戦士たち-NPO・社会的企業 成功への処方箋
    渡辺豊博 著 著/静岡新聞社
    定価1047 円(税込価格)[2012年08月 発行]
    日本で初めてイギリス発のグラウンドワークの手法を導入したグラウンドワーク三島の事務局長を務める著者が、市民・行政・企業の協働による地域再生、日本におけるNPO運…
    続きを見る »
    冊数:
    購入する

  • 静新新書42 しずおか発 教育物語
    鈴木 善彦 著 著/静岡新聞社
    定価1100円(税込価格)[2011年11月 発行]
    「子どもたちとの生活は筋書きのない物語に満ちている」。著者は40年間、さまざまな分野から静岡県の教育に努めてきた。高校教員を振り出しに特別支援教育、高校長、県立…
    続きを見る »
    冊数:
    購入する

  • 静新新書41 しずおか歌枕紀行
    田中 章義 著/静岡新聞社
    定価990円(税込価格)[2011年05月 発行]
    古来、多くの詩歌人たちが、さまざまな場所で歌を詠み継いできた。これらの場所を「歌枕」という。静岡県内にも「富士」「伊豆」「焼津」「浜名湖」「天竜川」など数々の歌…
    続きを見る »
    冊数:
    購入する

  • 実録 龍馬討殺 京都見廻組今井信郎士魂録
    長谷川創一 著/
    定価1257円(税込価格)[2010年12月 発行]
    坂本龍馬を斬った京都見廻組今井信郎。その末裔にあたる著者が、龍馬事件の真相を残された資料から解き明かす。変転する時代に翻弄されながら自己に忠実に生きようとした幕…
    続きを見る »
    冊数:
    購入する

  • 皇室と静岡
    小田部雄次 著/
    定価1153円(税込価格)[2010年09月 発行]
    長年皇室を研究してきた著者が、明治以後の皇室と静岡の関わりを追った。新聞や書籍の資料だけでなく、地元関係者を直接取材した生の声を交え、あまり知られていない静岡で…
    続きを見る »
    冊数:
    購入する

  • 静岡学問所
    樋口雄彦 著/
    定価1026円(税込価格)[2010年08月 発行]
    江戸幕府崩壊後、徳川氏が藩の建て直しや人材育成を意図して開設した徳川藩の学校「静岡学問所」。近代教育の先駆けとなった明治初期の最高学府に入学しようと静岡に集った…
    続きを見る »
    冊数:
    購入する

  • 駿遠豆の木喰仏 -木喰上人の足跡を訪ねて-
    日比野秀男 著/
    定価1047円(税込価格)[2010年07月 発行]
    温和な笑顔、親しみやすさが魅力の木喰仏。静岡県内にも数多くの作品が残っている。木喰仏を訪ね歩く格好のハンドブック。
    続きを見る »
    冊数:
    購入する

  • 静岡の地震と気象のうんちく
    饒村曜 著/
    定価943円(税込価格)[2010年06月 発行]
    静岡気象台長として一年間、静岡の気象・地震などと関わりを持ち続けた著者。過去に起きた自然現象の話をはじめ、静岡の歴史や伝承をこれまでにない気象的側面から読み解く…
    続きを見る »
    冊数:
    購入する

  • アンソロジー 短歌と戦争で読む静岡の戦争
    美濃和哥・佐久間美紀 著/
    定価1153円(税込価格)[2010年06月 発行]
    日中、太平洋と続く戦争の時代。900首余にのぼる県民の短歌。戦いのさ中、故郷の父母を想い、戦地に赴いた夫や子どもを想い、苦しい時代を生き抜いた人々の暮らしが浮か…
    続きを見る »
    冊数:
    購入する

  • 小川国夫を読む(静新新書034)
    山本恵一郎 著/
    定価1047円(税込価格)[2009年10月 発行]
    静岡新聞に掲載した「小川国夫文学の背景」を中心に、小川作品の書評、亡くなった際の追悼文、小川氏の青年時代にヨーロッパを単車で旅した足跡やその地図などを収録。
    続きを見る »
    冊数:
    購入する

  • 二人の本因坊(静新新書028)
    永岡 治 著/
    定価1362円(税込価格)[2008年09月 発行]
    江戸末期の囲碁界に輝く、伊豆出身の二人の棋士の軌跡。名人の座をめぐる、実力と策略の死闘を描く。
    続きを見る »
    冊数:
    購入する

  • 富士の裾野にワンルーム小屋を建てた(静新新書027)
    今井 俊 著/
    定価901円(税込価格)[2008年08月 発行]
    東京脱出を夢みる会社員が、父親の残した富士の裾野の林野に、小さなログハウスを建てるまでを描く。
    続きを見る »
    冊数:
    購入する

  • 静岡県の作家群像(静新新書026)
    山本恵一郎 著/
    定価1257円(税込価格)[2008年07月 発行]
    「県民文芸」や「文芸静岡」などの同人雑誌を中心に、半世紀にわたる静岡県の作家たちを紹介している。
    続きを見る »
    冊数:
    購入する

  • 静岡の政治 日本の政治(静新新書025)
    前山亮吉 著/
    定価880 円(税込価格)[2008年07月 発行]
    静岡新聞に掲載した政治時評をまとめた。小泉政権の変動やその後の混迷を静岡の視点から分析している。
    続きを見る »
    冊数:
    購入する

  • 病気にならない一問一答(静新新書024)
    高田昭和 著/
    定価996円(税込価格)[2008年06月 発行]
    ストレス、うつ、糖尿病など現代の病を一問一答形式で分かりやすく解説。これを読めば病気にならない!!
    続きを見る »
    冊数:
    購入する

  • 静岡県の民俗歌謡(静新新書023)
    石川純一郎 著/
    定価1047円(税込価格)[2008年03月 発行]
    遺しておきたい静岡県の民俗歌謡。農山漁村に生きた庶民の、歌に秘めた遊びと祈りの心をひも解く。
    続きを見る »
    冊数:
    購入する

  • 時を駆けた橋(静新新書022)
    仙石 規 著/
    定価869円(税込価格)[2008年03月 発行]
    「大正の橋」は「明治の橋」だった! 解き明かされた歴史の真実とは? 2012年に100周年。「沼津御成橋」のすべて。
    続きを見る »
    冊数:
    購入する

  • イタリア野あそび街あるき(静新新書020)
    竹川佳須美 著/
    定価943円(税込価格)[2007年12月 発行]
    古代ローマから田園のアグリツーリズモへ。丘の上に流れる時間と、胸を満たす糸杉の匂い... イタリア旅行専門店「イン・ヴィア」へようこそ!
    続きを見る »
    冊数:
    購入する

  • 快「話力」 人を動かし、人生を変える (静新新書019)
    田中髙志 著/
    定価943円(税込価格)[2007年12月 発行]
    話すことは相手に気持ちを伝える手段で、話術の巧拙より一生役立つ「話力」が必要だと多彩なエピソードを交え指南する。
    続きを見る »
    冊数:
    購入する

  • ストレスとGABA(ギャバ)(静新新書018)
    横越英彦 著/
    定価901円(税込価格)[2007年11月 発行]
    GABAはストレス軽減に効くのか。動物実験、ヒト試験の実証データを、学界第一人者がやさしく解き明かす。
    続きを見る »
    冊数:
    購入する

  • 静岡県 名字の雑学(静新新書016)
    渡邉三義 著/
    定価1153円(税込価格)[2007年10月 発行]
    「名字」シリーズ第2弾。珍しい名前、難しい字の名前など、静岡県の名字の特色がなんでも分かる。
    続きを見る »
    冊数:
    購入する

  • 宇津ノ谷峠の地蔵伝説(静新新書015)
    木村文輝 著/
    定価880 円(税込価格)[2007年08月 発行]
    下野・宇都宮で素麺を食べ尽くし、駿河へやって来ては食人鬼を退治。宇津ノ谷峠の地蔵伝説の謎を追う。
    続きを見る »
    冊数:
    購入する

  • しずおか 天気の不思議(静新新書013)
    天野 充 著/
    定価990円(税込価格)[2007年07月 発行]
    静岡新聞天気コラムから300編余を収録。短い解説の中に歴史や文学、科学など森羅万象が詰まっている。
    続きを見る »
    冊数:
    購入する

  • 東海地震、生き残るために(静新新書014)
    静岡新聞社編 著/
    定価943円(税込価格)[2007年07月 発行]
    地震で怖い「クラッシュ症候群」。生死の分れ目は2時間。自分たちの命は自分たちで守る覚悟が必要だ。
    続きを見る »
    冊数:
    購入する

  • 静岡県の雑学「知泉」的しずおか(静新新書012)
    杉村喜光(「知泉」 著/
    定価1047円(税込価格)[2007年06月 発行]
    ネット界の雑学王・知泉が読み解くおもしろ静岡。家康、漱石、うなぎパイ...、全項目イラスト付き。
    続きを見る »
    冊数:
    購入する

  • ヤ・キ・ソ・バ・イ・ブ・ル(静新新書011)
    渡辺英彦 著/
    定価880円(税込価格)[2007年05月 発行]
    富士宮やきそば仕掛人、渡辺英彦氏が説くまちおこし。オヤジギャグの予想を超えたパワーが人を動かす。
    続きを見る »
    冊数:
    購入する

  • 離婚駆け込み寺(静新新書009)
    野口ひろみ 著/
    定価901円(税込価格)[2007年04月 発行]
    「離婚駆け込み寺住職」を名乗る在カナダ邦人女性が、自らの経験を踏まえ、諸々の悩みに的確アドバイス。
    続きを見る »
    冊数:
    購入する

  • 駿府の大御所 徳川家康(静新新書010)
    小和田哲男 著/
    定価1153円(税込価格)[2007年04月 発行]
    今年は家康の駿府入城400年。75年の生涯の半分以上を静岡県内で過ごした"静岡人"、家康の人間像に迫る。
    続きを見る »
    冊数:
    購入する

  • 富士山の謎と奇談(静新新書008)
    遠藤秀男 著/
    定価880円(税込価格)[2007年01月 発行]
    好評品切『富士山よもやま話』の、富士山の文化に関する章が、新書となってよみがえった。
    続きを見る »
    冊数:
    購入する

■自費出版のご案内

自費出版のご案内
自費出版に関する相談を随時受けつけております。お電話でご予約のうえ、お越しください。編集、校正、装丁などベテラン編集者がお手伝いいたします。部数や仕様に合わせ無料でお見積もりもします。書店での販売ご希望の方はご相談に応じます。

詳しくはこちら »

ジャンルで探す

静岡新聞データベース
登校するまえ3分塾

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

静岡新聞NIE

SBSテレビチャンネル

YouTube

マーケット情報

東京株式 27日終値
<225種>
27970円22銭
為替相場27日
日本時間20時現在
110円12銭~110円13銭
前日比+0円08銭
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
twitter
BOOKS 静岡新聞の本
静岡新聞モバイルサイト