画家の雑記帳

  • 著者
    谷川晃一
  • 出版元
    静岡新聞社
  • 本体価格(税抜)
    1800 円
  • 発行月
    2019年03月
  • ISBN
    ISBN9784783822592
  • 加納光於、赤瀬川原平、吉野辰海、中西夏之、田島征三…激動の昭和を駆け抜けた芸術家たちとの思い出を、日本の戦後美術を代表する画家・谷川晃一が描いたエッセイ集。

    1960年代、破天荒な青春時代をともにした芸術家の卵たちは、やがてそれぞれが、自身の人生と芸術を追い求めて羽ばたいていく。画家は愛すべき友人たちとのエピソードを時にユーモラスに、時にシビアな批評精神を持って、心に刻みつけていた。
    そして傘寿を越えた今、時の扉をそっと開くようにして語られたエッセイは、心優しき画家の芸術家へのオマージュであり、20世紀という激動の時代を生きた人びとへのノスタルジアでもある。

    冊数:購入する
画家の雑記帳

バックナンバー

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト