トップページ >取材行ってきました! >☆正解は・・・芋切干しでした!!

☆正解は・・・芋切干しでした!!


こんにちは!
前回の続きで・・・

御前崎で取材したのは「芋切干し」でした(*´ェ`*)
冬しか見られない作業場にお邪魔しました。

IMG_3942.jpg


御前崎のヤマヒカリ商店へ。
夜中2時から、4時間ほどじっくり時間をかけて
サツマイモをふかしているそうです。
作業場の湿度は、なんと75%!!!


ここで使っているのは、ニンジン芋(〃´▽`〃)
市場には出回らない貴重なサツマイモで、
5年以上かけて作られたそうです。

IMG_3939.jpg IMG_3941.jpg



皮をむいたニンジン芋を素早くスライスします。
この時に使うのが、ピアノ線
音楽の町・浜松が近くにあることから使われているのかも・・・
とのことで、
静岡ならではかもしれません!!!


そして、薄くなったニンジン芋を干す作業。
ここで必要なのは、「風」です。


この地域には、遠州のからっ風という強い風が吹きます。
この風を利用してニンジン芋を3日ほど干します。
すると、甘みと旨みがギューっと詰まった芋切干しができるんです!!
地元の皆さんにとっては、恵みの風なんですね~ヽ(=´▽`=)ノ




IMG_3944.jpg IMG_3945.jpg



適度な噛みごたえと食べているうちに出てくる旨み、
最高でしたねヽ(´~`;



IMG_3938.jpg


沖さん夫婦と地元の皆さんが作るニンジン芋切干しは、
多くの方を笑顔にすること間違いありません(((*´ε` *)


在庫がなくなり次第終了とのことで、
1月下旬頃まで販売していますよ~!!お早めに!

今日16日(水)のイブアイでお送りします(●´ω`●)


コメント (2)

ピアノ線によるアート味?も好く、加味された
ニンジン芋切干しじゃなぁ〜!!…=͟͟͞͞((((っ’ ч’ )っ

遠州のからっ風と、皆が寝ているであろう時間帯からの作業。加えて、外の寒さと作業場の温度差の違い・・・。どれ一つ取っても、大変な苦労の積み重ねによって生み出される産物。私達消費者は、そうした苦労の現場を知る機会は殆どありません。今回のリポートは、そうした地場産品の過酷な現場にスポットを当てた内容だったと思います。重長さんも、毎日大変かと思われます。食べ物も番組制作も、貴重な産物として私達は有り難く頂戴しなければなりませんね?お疲れ様でした。(^^)b

コメントを投稿

コメントを表示する前に承認が必要です。コメントが表示されるまで、少し時間がかかる場合がございます。

トップページ >取材行ってきました! >☆正解は・・・芋切干しでした!!

重長智子のトモに行こう!!

SBSアナウンサー重長智子のオフィシャルブログです。元気印☆重長智子が仕事やプライベートから発見したことや感じたことなどを書いていきます!

イブアイしずおか

静岡発そこ知り

スポーツ中継

アナブロ

最近の写真