Message

メッセージ・ブランドビジョン

TOP MESSAGE

可能性は
無限に広がる

 ようこそ、静岡新聞社・静岡放送の採用サイトへお越しくださいました。

 もしあなたが、「弱いものに光を当てる新聞記者になりたい」とか、「まだまだテレビにできることがあるはず、もっと面白くできる」とか、「若い人にとっては新しく感じられる『ラジオ』という媒体で私の想像力とコミュニケーション力を発揮したい」など、マスメディアの使命に燃えて当社に興味をお持ちいただいたのだとすれば、当社はまさにぴったりの場所だといえます。

 もしあなたが、どこかのネット系企業への就職を考えていて、何かの間違いでこのサイトを訪れたのだとしても、それはそれで幸運な出会いになる可能性が高いです。なぜなら、メディアを取り巻く環境は今まさに激変していて、これからの世代にフィットした新しい地域メディアを作っていくチャンスでもあるからです。ベンチャー企業に飛び込んでチャレンジするのもありですが、これまでのマスメディアとしての蓄積がある場で、次の地域メディアの姿を切り開いていくのも、また魅力的なチャレンジになるはずです。

 静岡新聞は1941年創刊、静岡放送は1952年開局。メディアとしてはオールドだと思われるかもしれません。しかし、「地域メディア」と捉えたらどうでしょう。まだまだ無限の可能性が広がっています。私も社員に対しては「失敗を恐れず果敢に挑戦しろ」と言い続けています。「超ドS」=「今までの自分を超えろ」の精神で、静岡を盛り上げていこうとするあなたと共に働けるのを楽しみにしています。

静岡新聞社・静岡放送 社長 大石 剛

ブランドビジョン

静新SBSグループは、「新聞」「放送」「デジタルメディア」を
三つの核として、静岡をmove!move!します。
  • 静岡新聞

    地域に密着した紙面づくり

    静岡新聞は、常に静岡県民を主体に考えた報道姿勢とともに、豊かで住みやすい郷土の実現をめざしています。静岡県民と喜びや悲しみ、悩みを共有し、地域づくりを提案していく、県民のための地域紙です。地域の話題や課題をきめ細かく掘り起こし、紙面づくりでは地域の息吹が伝わる広域的な紙面づくりを心掛けています。さらに茶況や地域防災情報など地域重視の静岡新聞ならではの記事は全国からも注目されています。新聞の使命である解説や主張のページのほか、総支局を拠点に取材を続ける記者を身近な存在として感じてもらえるような記者コラムなどを設けています。

  • 静岡放送

    地域を応援し地域とともに発展するメディア

    SBSは静岡県で最初に産声をあげた民間放送局です。ラジオ・テレビという2つの放送メディアで、県民に親しまれ信頼される放送局を目指してまいりました。全国でいち早く立ち上げた夕方のTVローカルワイド番組では、地域に密着したニュースや情報を発信し、静岡県を盛り上げてきました。常に新しい技術を研究し、最近では県内民放で初の地上デジタル放送を開始し、技術革新のなかで質の高い番組を提供し続けています。

  • デジタルメディア

    新聞・放送をつなぐメディアへ

    インターネットの登場以来、メディア環境は大きく変化してきました。今や、ほしいときに、ほしい場所で、ほしい形で情報を得るだけでなく、何かを発表したいとき、主張したいとき、困ったことがあって相談したいとき、同じ想いの人と意見を交わしたいときにも、インターネットは生活に欠かせないものになっています。

    私たちは、地域に根ざしたメディア企業として、「これからの地域メディア」がどうあるべきかを考え続けています。新聞、テレビ、ラジオとデジタルサービスを組み合わせ、静岡県に暮らす人たちが人、地域、情報と関わろうとするあらゆる場面での「最初の入り口」として便利にお使いいただけるよう、進化を続けていきます。

人事部 MESSAGE

一緒に「新しいページ」づくりに挑戦しよう!

静岡新聞社が創立されたのは1941年(昭和16年)12月。県内6紙が統合して誕生しました。
静岡放送は1952年(昭和27年)10月に、県内初の民間放送としてスタートしました。
以来、真実の報道、公正な主張を伝える言論機関として、県民の福祉、社会の発展に貢献するため、情報を発信し続けてきました。

今、その歴史に「新しいページ」を書き加え始めています。

メディアを取り巻く環境は、技術の進展、時代の流れとともに大きく変わろうとしています。
私たちも、新しい技術を取り入れながら、積極的に環境変化に挑戦し、新しいメディアへと変化しようとしています。

取材・報道を通して社会の今を伝えたい。世の中に問題提起をしたい。
スポーツの感動を伝えたい。地域の魅力や情報を発信したい。
多くの人が集まるイベントを企画したい。新しいメディア、ビジネスを生み出したい。
県民に元気や、感動を与えたい・・・

既成概念にとらわれず、好奇心、チャレンジ精神あふれる人、私たちはそんな仲間を求めています。

一緒に、静岡新聞社、静岡放送に「新しいページ」を書き加えていきましょう。