静岡県NIE推進協議会

「新聞に触れる機会を」 実践校教諭ら交流会-静岡

2018年07月15日(日)付 朝刊


 県NIE推進協議会(安倍徹会長)は14日、NIE実践交流会を静岡市駿河区の静岡新聞放送会館で開いた。日本新聞協会の指定を受けた実践校の教諭やアドバイザー、新聞関係者ら25人が出席し、実践への情報共有や課題について話し合った。
 実践校の静岡聖光学院中・高の伊藤大介教諭は「各紙を読み比べるなどして新聞を研究し、年度末に体育館で発表する活動を行っている」と同校の取り組みを紹介。「先輩の発表を聞くことでいろんな分野に興味を持つことができる」と効果を説明した。
 このほか「新聞を通して他校の取り組みを知ることができ刺激になる」「保護者を巻き込んで新聞に触れる機会を増やすことが重要」などの声が上がった。アドバイザーの浜松市立与進北小、山崎章成教諭は「新聞の魅力を伝え、理解してもらえるような取り組みを継続してほしい」話した。

 

20180715.jpg
NIE実践へ情報共有する参加者=14日午後、静岡市駿河区の静岡新聞放送会館