静岡県NIE推進協議会

「新聞で文章理解向上」 静岡で成果報告-東海ブロック 推進協議会

2018年06月24日(日)付 朝刊


 新聞を学校教材に活用するNIE(教育に新聞を)の普及に取り組む東海ブロックNIEアドバイザー・NIE推進協議会は23日、事務局長会議を静岡市駿河区の静岡新聞放送会館で開いた。静岡、愛知、岐阜、三重各県のNIE推進協議会事務局長ら約25人が取り組みを報告し、新聞の効果的な活用法を探った。
 日本新聞協会NIEコーディネーターの関口修司氏が基調提言でNIEの意義を解説した。NIE実践校の全国学力テストの結果が全国平均点を上回っているデータを示し、「文章の論理的な理解や要約力、文章表現力など、NIEで培われる資質や能力が多い」と力を込めた。
 会議にはNIEの実践経験のある各県小中学校の教諭も出席。グループ討議で事務局長らと取り組みの成果や課題を報告し、学校生活への新聞の有効な取り入れ方について意見交換した。

 

20180624.jpg
NIEの取り組みを報告し新聞の効果的な活用法を探った事務局長会議=23日午後、静岡市駿河区の静岡新聞放送会館