トップページ >01)ファッション >10月30日付「ソノ仕事×コノ絶景」 新しい発想×伝統の職人技=「和紙と漆で蝶ネクタイ」

10月30日付「ソノ仕事×コノ絶景」 新しい発想×伝統の職人技=「和紙と漆で蝶ネクタイ」

30日付朝刊に掲載した「ソノ仕事×コノ絶景」では、デザイナーの黒住政雄さんを紹介しました(か)。

1-IMG_5090.jpg

今回主に話題として取り上げたのは、黒住さんが商品化した「和紙と漆で蝶ネクタイ」。メイン写真の撮影は商品の仕上げ段階で漆を塗る職人さんの工房で行いました。工房内は展示会に向けて制作中の品物がずらり。その光景はまさに絶景です。

2-IMG_4970.jpg5-IMG_4967.jpg漆を塗る駿河漆器の若手職人・藤中知幸さん。駿河漆器の老舗である鳥羽漆芸で修業後、独立。現在は伝統的な漆器づくりの合間に、若い感性を生かした可愛らしいカトラリー「オトモシッキ」を制作しています。

6-IMG_4968.jpgこの「和紙と漆で蝶ネクタイ」、実は2枚重ねてあるリボンの基本形だけで5種類あり、形がそれぞれ異なります。さらに柄の種類に至っては、黒住さん自身「何十種類作ったか分からない」ほどあるとのこと。自分好みの形と柄を選ぶ楽しさもありそうです。3-IMG_4982.jpg

注文が入るごとに1つ1つ手作業で作る蝶ネクタイ。その様子を動画で撮るために事務所にもお邪魔しました。微妙な力加減で和紙を折り蝶の羽部分のカーブを作っていきます。

IMG_4977.jpgIMG_4980.jpg力が入りすぎると美しい形にならないため大量生産できないのが悩みの種とのことですが、「本当に良さを分かってくれる人に愛用してもらえればそれで満足」と黒住さん。Facebookもあるので興味のある人はぜひのぞいてみてください。写真にスマホをかざすと動画が見られる「PictuAR」で、制作の様子の一部を動画で見られますお宅の新聞でぜひお楽しみください。

コメントを投稿

コメントを表示する前に承認が必要です。コメントが表示されるまで、少し時間がかかる場合がございます。


画像の中に見える文字を入力してください。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.at-s.com/mt1/mt-tb.cgi/60473

トップページ >01)ファッション >10月30日付「ソノ仕事×コノ絶景」 新しい発想×伝統の職人技=「和紙と漆で蝶ネクタイ」

ご案内

静岡新聞文化生活部の記者ブログです。
取材時のエピソードなどをアップします。
音楽、アート、鉄道、くらしなどがテーマ。
紙面にプラスのこぼれ話が満載です。


★文化生活部ツイッター ⇒こちら
「くらしず」の更新情報もお伝えします。

★アットエスニュース ⇒こちら
静岡新聞の公式ニュースサイトです。

最近のエントリー

このブログのフィードを取得
[フィードとは]