ふじさん部とは

なぜなに?「ふじさん部」

日本人なら、だれもがダイスキな富士山。
世界遺産に登録されて以来、
日本だけでなく、世界じゅうの人たちから
ますます注目されるようになって、
静岡県民にとっては大きな誇りだよね。

登録テーマは「信仰の対象」と「芸術の源泉」!

そう、富士山は昔からずっと自然の神様としてみんなに拝まれたり、
たくさんの歌人や絵師たちに描かれたりしてきたもんね。

でも、待てよ?なぜ、みんな富士山がスキなんだろう?
拝んだり、歌にしたり、絵にしたり…
いったい富士山のどこがスキ?
カタチ?大きさ?…色?
あれ?そういえば富士山って、描くとなぜ青と白なの?
青い木が生えてるの?動物は住んでるのかなあ?
っていうか、ほかの国にも富士山みたいな山ってあるの? なぜ?なに?どうして?

さて、みんなは富士山のこと、どれだけ知ってる?
知ってるようで知らない富士山のヒミツ、知りたくない?

さぁ「ふじさん部」に集合だ。
富士山の事をもっともっと知って、みんなに自慢しちゃおう!

「ふじさん部」は
静岡新聞SBSが主催する、静岡県内の小学生を対象としたプロジェクト。
まなぼう!まもろう!いかそう!を合言葉に
みんなで楽しく富士山について体験学習をしていきます。

たくさんの子どもたちに、
静岡県のシンボルである富士山の自然や歴史、文化などについて
よく知り、自らの体験をもって関心を深めてもらうことで
自分たちの住む郷土への愛、地域社会への貢献などといった心を育みたいと思っています。

登録はカンタン!部員登録をして、キミもふじさん部のイベントに参加しよう!