トップページ >020)池谷美紀 >2016.11.30 世界一小さな万年筆メーカー

2016.11.30 世界一小さな万年筆メーカー

静岡市駿河区大谷にある、

(たぶん)世界一小さな万年筆メーカー「masahiro万年筆製作所」

20161219082138-60bdd8fbf95202d50904a4170408db2b8ad4a4bc.jpg

      

実は、9月23日の万年筆の日のお疲れスクーピーでお伺いさせていただいたんです!

でももっとお話を聞きたくて、今回はLet's groove!groove!Scoopyで伺っちゃいましたよ!

      

小学校6年生の時に万年筆の魅力にみせられ、

それからというもの、"これだ!"と思う万年筆を探し続けてきたそう。

   

でもなかなか満足する万年筆と出会うことができず、

18年前に"自分で作ろう"と思ったそうです。

20161219082032-9481ddfaa71bd8ccf1b29f8bef12d3fe8aa25b2d.jpg

      

エボナイトという素材を使って、本体から、ペン心までひとつひとつ手作業で作っています。

     

手作業で作るうえで一番難しいことは、ねじを切る作業。

これがうまくいき、オスネジとメスネジがしっくりはまるいいネジを切った時は、

パーツ同士がぴったりと組み合わさるので、すごく気持ちがいいんですって(^_^)

       

色んなタイプの万年筆がありますが、瓶のインクを直に吸うタイプの万年筆を作るのには

すごく苦労されたそうです。

商品化に長い間挑んでみたけど、商品化するためには難しいところが多く、

一時、無理な設計と思い断念したこともあったそうです。

しかし、ある夜、ベッドで寝ていた娘さん(当時1歳)の寝顔を見たら、

突然、解決法を思いついたそうなんです!!

そのことがきっかけで、2012年に発売し大ヒット商品となったそうなんです(^o^)

      

自分の満足する万年筆を作りたいということがきっかけで、

今では、全国各地に内野さんの万年筆を愛用する方がいらっしゃるそう。

      

万年筆好きの方、興味のある方は是非、masahiro万年筆製作所のHPをご覧ください☆

      

           

お疲れScoopyでは、静岡市葵区北にある「蔵好 三坂屋」に行って来ました!

20161219082155-6af425b199f52053e88c4b84d182c0e167e56cd5.jpg

     

羊羹のまわりにどら焼きのような皮が巻いてあって、

その中央には来年の干支である、ニワトリの形の白い羊羹がありま☆!!

20161219082204-f773aa9f4f8f781db650a216d4d6b3e4554a7800.jpg

    

蔵好 三坂屋では毎年、干支にちなんだお菓子を作るんですって♪

12月前から新年の準備が始まるんですね!!

  

今日も皆さん、お疲れ様です(*^_^*)

20161219082214-8e56cd3c8cc36fd3187ad6a34964a3a004332cd5.jpg

コメント (1)

字を書くとき万年筆を使うと丁寧に書こうという気になりますね。ひとつひとつ手作業で作っている万年筆 どんな書き心地なのか使ってみたいですね。

コメントを投稿

コメントを表示する前に承認が必要です。コメントが表示されるまで、少し時間がかかる場合がございます。


画像の中に見える文字を入力してください。

トップページ >020)池谷美紀 >2016.11.30 世界一小さな万年筆メーカー

キャスドラダイアリー

SBSラジオのキャスタードライバー4人で更新するキャスドラ日記です☆
私たちの仕事ぶりからプライベートまで色々書いちゃいますのでチェックしてくださいね♪よろしくお願いします!

★プロフィール!
池谷美紀
堀内恵梨
安藤紗織
大澤真依
山本真衣