聖光など4校シード 全国高校ラグビー、静岡県大会組み合わせ

2018/9/7 08:16
組み合わせ抽選会に臨む出場校の代表者=静岡市駿河区登呂の静岡 新聞放送会館

 第98回全国高校ラグビー静岡県大会(静岡新聞社・静岡放送後援)の組み合わせ抽選会が6日、静岡市駿河区登呂の静岡 新聞放送会館で行われた。10月14日に開幕し、11チームが“花園切符”を懸けてトーナメント方式で争う。11月4日の決勝は、2019年ラグビーワールドカップ(W杯)の会場でもある袋井市のエコパスタジアムで行われる。
 県総体上位4校の聖光、清水南、浜松工、東海大翔洋がシードされた。昨年、5年ぶりに全国出場を果たした東海大翔洋は、2回戦で浜松湖北と対戦する。真崎監督は「1年生にラグビー経験者が多く、チームとして成長している」と連覇への手応えを口にした。
 新人大会、総体と合わせ県3冠を狙う聖光の佐々木監督は「この大会は2年間優勝していないが、3年生を中心にチームとしてまとまって臨みたい」と3年ぶりの頂点へ意欲を示す。
 11月4日午後1時半からの決勝は、SBSテレビが生中継する。
 ■第98回全国高校ラグビー 静岡県大会組み合わせ
 ※画像をクリック/タップするとPDFファイルがダウンロードできます。

この記事の関連ニュース

静岡新聞スポーツTOPへ