陸上女子1500、米沢(浜松北浜)優勝 全国中学校体育大会

2018/8/22 08:24
女子1500メートル決勝 圧巻のラストスパートを決めて優勝した米沢奈々香(浜松北浜)=岡山市のシティライトスタジアム

 ■「ラスト勝負」圧巻スパート
 最後の直線であらん限りの力を振り絞った。女子1500メートルの米沢(浜松北浜)が圧巻のラストスパートで悲願の全中制覇を果たした。「本当にうれしい。持っている力を全て出せた」と喜びを爆発させた。
 序盤から上位をキープし、3位で最後の1周を迎えた。「ラストで勝負をかけるつもりだった」との言葉通り、残り150メートル地点辺りから加速。ぐんぐんスピードに乗って前の選手を追い抜き、2位に1秒30差をつけてフィニッシュした。
 誰よりもレースにかける思いが強かった。疲労を考慮し、19日の800メートル準決勝を棄権して1500メートルに専念。「速いペースを維持して走れるよう練習を積み重ねてきた。成果を出せて良かった」と胸をなで下ろした。
 実力を高め合える仲間の存在も大きかった。決勝に進出した浜松北浜と静岡東の4選手全員が入賞。全国の大舞台で県勢の活躍が光った。「静岡の選手と一緒に表彰台に上がれてうれしい」と米沢。
 駅伝やジュニアオリンピックに向け、今後も走りに磨きをかける。「どんな時にも自分の力を全部出し切れるような選手になる」。全中王者の視線は、まだまだ上を向いている。

この記事の関連ニュース

静岡新聞スポーツTOPへ