伊熊(浜松学院)男子高飛び込み連覇 全国中学校体育大会・水泳

2018/8/19 08:02
男子高飛び込み決勝 難易度の高いひねり技などを決めて優勝した伊熊扇李(浜松学院)=岡山県の児島マリンプール

 昨年の王者が、今年も圧巻の演技を見せつけた。男子高飛び込みの伊熊(浜松学院)が2位に約100点差をつけて連覇。「集中して自分の演技ができた」と達成感を口にした。
 伊熊が難易度の高い技を次々とこなすと、会場から大きな歓声が上がった。昨年に比べ点数を31・4点伸ばし、成長の跡を示した。
 「制限選択飛びを安定させられた」と高得点の要因を分析する。それでも「自由選択飛びの安定感がなかった」と反省点を挙げ、「うまく入水できるよう練習を重ねたい」とさらなるレベルアップに余念がない。
 昨年は1年生ながら板飛び込みも優勝し、2冠を達成した。19日の板飛び込みに向け、「決勝の点数にも影響する予選の制限選択飛びを集中して安定させることが大事」と伊熊。2年連続2冠の快挙に向けて淡々とだが力強く語った。

この記事の関連ニュース

静岡新聞スポーツTOPへ