<静岡県市町駅伝>熱海市チーム、代表選手選考へ記録会

2018/9/8 09:44
記録会で一斉にスタートを切る参加者=熱海市の多賀中

 12月に静岡市で行われる静岡県市町対抗駅伝(静岡陸上競技協会、静岡新聞社・静岡放送主催)に向け、熱海市チームは6日夜、選手選考のための記録会を同市の多賀中グラウンドで開いた。
 小学生は1500メートル、中学生以上は3千メートルのタイムを計測した。途中から雨が降り始めるあいにくの天候だったが、約20人の参加者は一斉にスタートを切るとグラウンドを力強く駆け抜けた。
 糠谷康弘監督は市の部20位の達成を今年のチーム目標に掲げ、「大会には自分がユニホームを着て出るんだという緊張感を持ってほしい」と参加者を激励した。
 チームは今後も定期的に記録会を開催し、選手の発掘と選考を進める。全体練習も重ね、同市全体の競技力の底上げを図る方針。

この記事の関連ニュース

静岡新聞スポーツTOPへ