大リーグ、大谷の連続安打止まる 平野はメジャー初セーブ

2018/9/12 14:12
レンジャーズ戦の1回、二ゴロに倒れるエンゼルス・大谷。投手サンプソン=アナハイム(共同)

 【アナハイム共同】米大リーグは11日、各地で行われ、エンゼルスの大谷がアナハイムでのレンジャーズ戦に「4番・指名打者」でフル出場し、3打数無安打、1三振で8試合連続安打で止まった。チームは1―0で勝った。
 ダイヤモンドバックスの平野はロッキーズ戦で6―3の九回無死一、三塁で5番手として登板し、1回を2三振などで完璧に抑えてメジャー初セーブを挙げた。チームは6―3で勝ち、3連敗で止めた。
 パドレスでは牧田が傘下のマイナー、3Aエルパソからメジャー昇格した。

この記事の関連ニュース

静岡新聞スポーツTOPへ