8月捕獲の蚊調査 デングとジカ陰性 静岡県内4公園

2018/9/12 08:42

 静岡県は11日、県内4カ所の県営公園などで8月に捕獲した蚊のデングウイルスとジカウイルスの保有状況を調べた結果、全て陰性だったと発表した。
 笹原公園(河津町)、愛鷹広域公園(沼津市)、吉田公園(吉田町)、小笠山総合運動公園(袋井市)で、デング熱とジカウイルス感染症の原因となるウイルスを媒介するヒトスジシマカのメス計21匹を捕獲し、県環境衛生科学研究所で検査した。県は10月まで調査を継続する。

この記事の関連ニュース

静岡新聞ニュースTOPへ