宮口―金指間 代替バス運行 天浜線

2018/9/12 07:42

 天竜浜名湖鉄道は11日午後、線路下の土砂崩落の影響で上下線の列車運行を見合わせている宮口駅(浜松市浜北区)―金指駅(同市北区)間で、代替輸送のバス運行を開始した。代替輸送は12日以降も継続する。
 同社は掛川駅(掛川市)と新所原駅(湖西市)を結ぶ運行区間のうち、宮口―金指の運休区間以外では、列車を折り返し運行している。同社は「崩落部分の復旧作業には相当な日数がかかる」とみている。

この記事の関連ニュース

静岡新聞ニュースTOPへ