竹灯籠500基、幻想的に 妙善寺夜観音祭 富士

2018/9/11 08:34
幻想的な雰囲気を醸す竹灯籠=富士市の妙善寺

 富士市原田の妙善寺は8日夜、市指定文化財の十一面千手観音の開帳に合わせた「竹かぐや 妙善寺夜観音祭」(静岡新聞社・静岡放送後援)を同寺で開いた。ろうそくの明かりをともした約500基の竹灯籠が境内に置かれ、幻想的な雰囲気を醸し出した。
 花などの模様が施された大小さまざまな竹灯籠が並んだ。地元の子どもたちが手掛けた花火やトンボの模様の竹灯籠も飾られた。
 雨のため例年よりも竹灯籠の数は少なかったが、大勢の来場者が足を運んだ。お気に入りの作品の前で足を止めたり、写真を撮ったりする姿も見られた。

この記事の関連ニュース

静岡新聞ニュースTOPへ