香り楽しみ、青ユズ収穫 川根本町で体験ツアー

2018/9/12 07:54
組合員(中央)から説明を聞き、収穫体験する参加者=川根本町瀬平

 ふじのくに川根本町ゆず協同組合は11日、青ユズの収穫体験ツアーを同町で開いた。県内の料理人ら5人が参加、栽培面積と生産量がともに県内一を誇る同町産ユズの特徴を体感した。
 一行は同町瀬平にある組合員浜谷隆康さん(66)の園地で青ユズを収穫した。参加者は香りを楽しんだり、組合員から活用のアイデアを聞いたりしながら園地を巡り、ハサミで一つ一つ丁寧に収穫した。ユズを使った菓子や料理も味わった。
 同町産ユズを仕入れている焼津市のホテルアンビア松風閣の西洋料理人、嶽本剣治さんは「この香りが好き。中身をくりぬいて、器としても使えそう」と新たな活用法を思案した。
 収穫体験は販路開拓と地産地消の促進が狙い。これまでに数件の販路拡大に成功した。

この記事の関連ニュース

静岡新聞ニュースTOPへ