ヤマハ発、台湾で電動二輪普及へ 現地企業と協業

2018/9/12 08:04

 ヤマハ発動機は11日、台湾の電動バイクメーカー「Gogoro(ゴゴロ)」との協業方針を発表した。2019年夏をめどに新型電動スクーターを現地向けに販売する。ゴゴロのバッテリーステーション網も活用し、官民で電動バイク普及策が進む台湾市場でのシェア拡大を目指す。
 新型車両はゴゴロの市販車をベースにヤマハ発がデザインし、ゴゴロに生産委託する。ヤマハ発の現地法人ヤマハモーター台湾の販路を活用する。協業については18年内に正式契約する予定。
 ゴゴロは15年に参入した新興メーカー。電動スクーターの自社開発に加え、台湾に約750カ所の交換式バッテリーステーション網を敷いて普及に努める。ヤマハ発は将来的に、今回の協業で得たノウハウを日本など他地域での電動バイク普及のモデル構築に生かす方針。
 ヤマハ発は1966年に台湾市場に参入。生産拠点を置き、スクーターを中心に年間約30万台を販売している。電動スクーター「イービーノ」も台湾と日本向けに製造する。

この記事の関連ニュース

静岡新聞ニュースTOPへ